猫又小判日記

miketa1025.exblog.jp

夢、おもうままに・・・

ブログトップ

その443 「ありがとう」の応酬

我が家では、夫婦ふたりで一体何回、「ありがとう」を言っているのだろう?

ご飯をよそってくれて「ありがとう」、

昼食を調えてくれて「ありがとう」、

お茶を淹れてくれて「ありがとう」、

洗い物をシンクに下げてくれて「ありがとう」。


と、まあここまでは美談の範疇に入るのかも知れない。

しかし、私は時々牙をむく。

機嫌が悪いと、「ありがとう」を言わないのだ。

主人は、あまり機嫌が悪くなることはないので、

もっぱら私が「ありがとうストライキ」を起こす。

主人が食事を調えてくれても、無言。

私が寝ている間にお弁当を作ってくれても、無言。

ああ、なんという鬼嫁。


機嫌が悪くて「無視」するより、まだ怒ったほうがマシかもしれない。

今日は三日連続のプール通いで、疲れて起きられず、

出勤する主人に朝食を調えるどころか、見送りも出来なかった。

いつもアパートの階段の上から、

出勤していく主人に、何度も手を振るのが習いなので、

今日、主人はどんなにか寂しかったことと思う。


その代り、うちではお互いのスマホでの通話がおわるとき、

「感謝します!ツイてる!ツイてる!」と必ず言い合う。

出勤の見送りの時もそうだ。

「感謝します!ツイてる!ツイてる!」といって送り出す。

勿論、何度か書いてきたが、

これは、工学博士の五日市剛さんの考案された、

「ありがとう、感謝します、ツイてる、キャンセル」の真似である。


「ありがとう」。やっぱりいい波動の言葉だ。

出来るだけ言えるように努力したい。


c0244224_13340426.jpg



[PR]
by miketa1025 | 2017-11-04 13:34 | Comments(0)