猫又小判日記

miketa1025.exblog.jp

夢、おもうままに・・・

ブログトップ

先週の15日、木曜日の夕刻のことだ。

母のところから帰り、洗濯物をしていた。

干し終わる頃、あれっ?と思った。

なんだか体がだるい。

試しに熱を測った。

と!375分ある。

夜を迎えるころには、38度を超えていた。


翌日、あわててかかりつけ医の先生に診ていただいた。

間違いなくインフルエンザだ!と思い込んでいた。

筋肉痛も関節痛もある。

先生も、インフルエンザ判定の検査を、まずして下さった。

ところが。キットのインフルエンザ判定が、

いつまでたっても出ないのである。

風邪でしょう、ということで、クラビットという抗菌剤を頂いた。

しかし、地獄はそれからだった。


38度の熱は1日たっても、2日たっても下がらず、

とうとう5日も続いた。

熱による身体の熱さや、鼻づまり、筋肉の痛みなどで、満足に眠れない。

食料は、最初の日、主人に23日籠城できるような買い物をしてきてもらった。

俄然欲しくなるのが冷たい緑茶だ。

2ℓの緑茶のペットボトルも、主人に買ってきてもらった。


また、姉や母から、それぞれにお見舞いをもらい、

姉の買ってくれたドリンクゼリーや、母の買ってくれたイチゴは、

染み入るように美味しかった。


しかし、この有り様では、寝ているほかない。

恨めしの床(とこ)である。

プールに行けないではないか!

もう、これで2週間休んでいる。

咳の出具合によっては、今月いっぱいダメかもしれない。


だが、6日目にしてようやく平熱となり、

昨日はカートを引いて、近所のスーパーに買い物に行けた。

今日は寒いので、どこも出なかったが、

明日は、母の家でお茶会が出来そうである。


またもやプールには行けなくなってしまったが、プールは逃げない。

栄養を取って、よく休んで、からだを治したら、

思う存分水泳をするつもりだ。

c0244224_21234730.jpg





[PR]
# by miketa1025 | 2018-02-22 21:24 | Comments(0)

その462 水泳の自信

金曜のスイミングは、注意されるところが多かった。

基本中の基本、蹴伸びにしてからが、腕がストリームラインでなく、

左側に曲がっているとのご指導を受けることに。

バタ足も、腿から動いてはいず、膝でキックしているとのご指摘を受けた。


もともと、その日は参加者が私を入れて2人だったので、

みっちり教えていただいた。

だから、徹底的に基礎をやった。

あとは、ひたすらクロールの練習だ。

面被りから、呼吸をつけてまでの、クロールのおさらいに、

ほぼ30分費やした。


クロールは、面被りのときはできているのだが、

ストロークを付けると、頭が前を向いてしまう。

コーチに注意される前に気付いて、直した。

また、腕を回すにつれ、身体がローリングしてしまうことも指摘された。

区民プールのおさらいでは、是非押さえておきたい点だ。


注意されることばかりで、少し気持ちが折れかけたが、

最後にコーチは、「腕がよく回るようになった」と褒めて下さった。

進歩はしているらしい。


また、スイミングとは関係ないのだが、

プールメイトのお一人が、街で私を見かけたときの感想で、

「姿勢がいいですね」と言って下さった。

これは、大いに嬉しい。


何でもいい。

レッスン後は、なにかひとつ自信になるものを持って帰るのが大事。

そうコーチも仰った。

「歩く姿勢がいい」それだけでもいいのだ。

水泳は全身運動だから、姿勢もストリームラインを作るのに大事なポイントだ。


明日は区民プールだ。

クロールを徹底的にやって来たい。


c0244224_18255815.jpg



[PR]
# by miketa1025 | 2018-02-11 18:26 | Comments(0)

どちらかと言えば、料理が好きな方ではない。

この間の主人の誕生日には、ビーフポトフと、スモークサーモンのサラダを作った。

ごく稀だが、ブイヤベースを作ることもある。

カレーやシチューやポトフなど、煮込むものは割合よく作る。


が。それは主人のために、と思うからこそできるのだ。

自分のための料理はまず、しない。

ウインナーは「ボイルした方が美味しいよ」と主人が言っても、

自分だけ食べるのなら、「このままでも食べられますって書いてあるよ」と言って、

冷たいままのウインナーをボリボリ食べる。

自分のためには火は使わないから、「原始人」と主人が笑う。


今日も水泳の日だったのだが、水泳をするとお腹が空く。

空くだけではなく、猛烈にタンパク質が欲しくなる。

スーパーやコンビニで、唐揚げなど、タンパク質系惣菜を買って食べるのが常だ。

また、本当にお腹が空ききってしまった時は、

近くのお蕎麦屋さんに飛び込んで、かつ丼などを食べることも。


今日もその手の空腹に襲われた。

マックへ行こうか?惣菜を買いに行こうか?と思ったが、

ふと、作ってみよう。と思い立った。

幸い、姉にもらったノンアルがある。

ツマミづくりを始めた。


でも、そこがお料理いちねんせい。

一番ハードルの低い、ベーコンエッグを作ることにしたのだ。

最初はハムエッグの予定だったが、

冷蔵庫を開けたら、数日前に買った、美味しいベーコンがあるのに気付いた。

野菜室を開けると、中途半端に残ったミニトマトと、インゲンが。

これを付けあわせにしよう。


焦って玉子を壊してしまい、写真では黄身が流れて固まった状態が見て取れる。

でも。とにかく出来た。

ノンアルのタブを開け、ベーコンエッグを笑味した。


この、身体にとてもよいという感覚はなんだろう。

みなさんご存じだと思うが、

買ったお惣菜には沢山の添加物が入っている。

もちろん、ベーコンにも入っているだろう。

でも、玉子と野菜は添加物はないはずだ。

そして、自分のために作った、ただそれだけなのだが、

とても自分に対して優しい行為の気がする。


運動は水泳で十分だ。

身体をつくるもととなる、料理をしっかりしようと思う。

このところ、主人が何冊か買ってくれた、料理本を見ていない。

自分のためにも、主人のためにも、料理に目覚めてもいいではないか。


写真は出来損ないベーコンエッグ。


c0244224_19153738.jpg





[PR]
# by miketa1025 | 2018-02-09 19:15 | Comments(0)

昨日、久しぶりに区民プールへ行った。

2か月もご無沙汰してしまったので、ちょっと緊張したが、懐かしくもある。

ワンポイントレッスンも久々にお願いした。

教えていただいたのは、「クロールの息継ぎ」。


ところが、愕然とした。

私は左に頭を上げて呼吸するのだが、

どっちの手から掻き始めていいか、混乱してしまったのだ。

つまりは、いつも掻いている腕と反対の腕から掻くように、

と、ワンポイントレッスンの先生が仰ったからである。

レッスンが終わってからも、「反対の腕から」を練習してみたのだが、

出来るような、出来ないような、限りなく悩みのツボに落ちてしまった。


これは金曜のスイミングクラブのコーチにお教えを請うしかない。

(来週の月曜は祝日なので、ワンポイントレッスンはお休みだ。)

代わって今日はクラブのレッスン日。

火曜は水中歩行と、今のところはそう決めている。

火曜のコーチは優しく、水泳のコースが気になる私に、

「みんなが歩いているときは、泳いでいていいですよ」と言って下さる。

それで、少しの時間だが、クロールをやってみた。

だが、どちらの腕から始めるのか、まだ釈然としない。


掻く腕がどっちからか、の問題は、金曜のコーチに委ねるとして、

昨日のワンポイントレッスンでは嬉しいことがあった。

先生が、「泳げたら25メートル泳いじゃっていいですよ」と、

10分間のレッスンの始めにそう仰ったのだ。

憧れの25メートル!

レッスン中は残念ながら泳ぎ切れなかったが、

先生は「25メートル泳げる」と、私の泳ぎを見て言って下さったのだろうか。


区民プールは週一日だけ、と言うのは主人との約束である。

もっと泳ぎたいのはやまやまだが、リハビリ期間中なので、無理も出来ない。

それよりも、今の私のMax週三日、プールに行くことができた。

そのことが嬉しい。


水泳が出来ることの、有難さを噛み締める。

当たり前のようにクラブや区民プールに通っているが、

奇跡的なことなのだ。


健康に感謝。

c0244224_19401940.jpg



[PR]
# by miketa1025 | 2018-02-06 19:40 | Comments(0)

日曜日。普段なら主人は、日頃の睡眠不足を補うため、

昼過ぎまで寝るのが習いだ。

しかし。今日は9時半に目覚ましをかけ、起床。

なぜなら、もうじき誕生日を迎える主人の祝いを、

今日、某ホテルのラウンジでしようという、前々からの約束だったからだ。


営業開始の10時半に、我々はラウンジに入った。

主人は55歳を迎える。

もうアラカンだ。

主人はヱビスの生ビールをオーダー。私はノンアルコールビール。

ひとしきり、午前中の静かなラウンジの雰囲気に身を委ねる。


と言っても、こんな贅沢は一年に一度きりだ。

今年は、主人の好きな中華に招待してあげられなかった。

でも、ラウンジでは、生ビールを沢山飲ませてあげられた。

主人のオーダーした料理、ラザニアのお供には、白ワインも。

私は、オリジナルサンドウイッチ。

ノンアルコールビールを飲み終わった後は、ケーキと珈琲。

豊かな時間を堪能した。


義母のことに思いを馳せる。

主人は義母の胎内にいたとき、頭が大きく、出産は帝王切開になったという。

主人を産んでくれた義母にも、感謝の気持ちを抱く。


お互い、大変な人生を送って来たけれど、(病気など)

縁あって一緒になることができ、結婚できた奇跡を思う。

明日は、姪が入籍する。

幸せになってほしい。


ハッピーバースデー!

アクティブに、主人らしく、粘り強く一年を過ごしてもらいたい。

でも、あんまり無理して働きすぎないでね。

一年が「ハッピー」でありますように。


c0244224_17333436.jpg



[PR]
# by miketa1025 | 2018-02-04 17:33 | Comments(0)